秘密兵器登場!

いや~!夕飯の準備をしなくちゃいけないのに、とまらない~!!(汗)

え?何がって?
ブログをはじめた数年前から欲しかった、フィルムスキャナーをとうとう買ってしまって、
それが今日届いたのです!!

↓こちらです!!

【全品ポイント10倍!~10/3(水)12:59まで】【送料無料】【サンワサプライ直営店】フィルム...

サンワダイレクト限定品フィルムスキャナー
価格:5,980円(税込、送料込)

 
我が家にデジカメが登場したのは、ノアが4歳くらいの頃だったので、
ノアのパピー時代や、若い頃の写真は、ブログに載せたくても、
スキャナーで写真を取り込んだ数枚しかなくって。
どうしても欲しかったのですよ、フィルムスキャナー!!

で、いまこれで、チマチマとノア君の若かりし時代の写真を取り込んでいるのです。

フィルムスキャナーは色々と検討していて、大量のネガを片っ端からとりこんでやろうと思っているので、
最初はネガをセットすれば自動で送って、データを取り込んでくれるようなヤツを考えていたのですが、
レビューを読むとどうも、途中でズレが生じてしまったりで、結局手動で修正や調整が必要になるようで。

最終的に今回購入に至った機種が、一番安くて、結局使いやすそうだったので。
余計なモニターとかついていなくて、パソコンにUSBでつないで、パソコン画面で画像を確認、
そのままパソコンに取込み保存していくという使い方です。
手動でネガを1コマ1コマ動かして取り込んでいくため、とにかく手間はかかりますが、
映る画像、映る画像、すべてが懐かしくて、時間を忘れて没頭してしまいます。

 
ここで、ノアのパピーの頃の写真を2枚ほどお見せしましょう!(笑)


耳デカッ!!

しかしこの、被写体が真ん中に来ていないというか、無駄な隙間がたくさん空いている感じが、
デジカメではなく、フィルムカメラ時代だなぁ~と思いますね(笑)

そして途中でまた新たな問題が!!
先日、実家を家捜しして、ネガはおおむね引き上げてきたつもりだったのですが、
写真では残っているノアのあんな姿やこんな姿のネガが見当たりません・・・。

みみまる家は自分を筆頭に、整理整頓が行き届いているという家族ではないので、
すべてのネガを探し出すまでには、かなりの労力を必要としそうですが、
まだ耳が垂れている頃のノアの写真はぜひ欲しいので、なんとか今年中には発掘したいと思います!

元気だったころのノアの姿を見ると、こっちまで元気になれます♪
やっぱりフィルムスキャナーは買って正解でした!!

ノア落ちノアから落ち

人間が使っていたバスタオルや毛布などを、ノア用にすることを「ノア落ち」と言っていました。

タオル類をノア用にと買ってくることは稀で、たいていは人間の使い古しか、
贈答品の新品をノア落ちさせてました。

そんな中、シャムワウだけは最初から、ノアのためにと購入しました。
テレビ通販でガイジンさんがファンキーに紹介している、ものすごく吸水性がいいというあのタオルです。

DMで体の自由がきかず、お風呂後、自分でぶるぶるができないから、
ものすごい量の水をタオルで拭き取ることになり、普通のタオルでは大変だったので、
シャムワウを購入することにしたのでした。

で、このシャムワウ。
もうノアを洗うことはないので、このたび車の洗車用にいたしました。
ノアの遺品の使い道」でも色々と紹介しましたが、最近、「ノアから落ち」が続々と増えつつある我が家です。

去年のいまごろは

富士山、初冠雪だそうですね。
まだまだ下界ではうだるように暑いのに。

富士山のニュースを聞いて思い出したのは、
去年も今年に負けず劣らず猛暑だった中、
ひとときの涼をプレゼントしたくて、ノアをつれて富士山の中腹、
標高は1500mにある、水ケ塚公園にドライブに行ったなぁ、ということ。

富士山スカイラインをどんどん登っていくにつれ、車の外気温計が、みるみるとさがっていって、
公園では、もう前足も動きにくくなっていたけれど、少しだけ涼しいお散歩ができたかな。ノア。

ノアが亡くなって以来、ついついこうやって、
去年のいまごろは・・・
と思い出してしまいます。

きっと、亡くなったその日まで、「去年のいまごろは」は続くんだろうな。
いや、それ以上、2年も3年も続いてしまうのかも。

カミナリお見舞い申し上げます

ことしの夏も暑かった。そして雷が多かった。
みなさんちのコギさんたちは、カミナリ大丈夫ですか?

雷お見舞い

へそ天するなよ!神経性下痢になるなよ!

 
ノアは子供の頃は雷へっちゃらだったけど、
大人になったあるとき突然ガクブルするようになり、
年をとってからはまた動じなくなりました。

ところで、雷の季節はパソコンや電化製品にもご注意くださいね。
特にADSLや、VDSLでの光通信サービスご利用の方は、
モデムや、モデムを通してパソコンへの過電流が起き、LANポートが壊れやすいので、
ごろごろと聞こえたら直ぐにモデムやパソコンのコンセントや、LANコードを抜いておきましょう♪

さて、す~っかりブログを放置してしまいました。
ネタが無いというのも然り、また、もう半年経ってはいるけれど、
ノアの想い出を形にしようと思うと、まだ何かしら胸につっかえるものもあり。

まあ、のんびりとですね♪

ノアの遺品の使い道

 
ノアが使っていた夏用グッズ。
いまはどうしているかというと・・・
 

クールジェルマットはノートパソコン冷やしてます♪


 

ドッグコットはセーターの陰干しや、ベランダでのクッション干しなどに活躍しています♪


 

このシートもトランクに敷いているよね~♪

 
このように、いまでもなにかとお役立ちなグッズとなっています(笑)
 

車椅子ワンコのお散歩情報

ノアが車イスになったとき、お出かけの範囲が急に狭くなってしまって、
ちょっと欲求不満に陥った飼い主でした。

海や川にも行きたいけど、砂浜や、石がごろごろしている河川敷じゃあ、
車イスでは歩けないし・・・。

ちょっとした散策や、新しい公園に行ってみようかな?と思っても、
段差や階段の多い場所だったら、やっぱり大変だろうし・・・。

と、結局お散歩は近所の相模原公園ばかりになってしまいました。
まあ、厚木に住んでいたころには、相模原公園がまさにお出かけ先になっていたし、
とてもよい公園で、他のワンコたちにもいっぱい会えるし、顔見知りもできて、
ノア自身はまったく不満はなかったと思いますが。

相模原公園サイコー♪

 
でもたまにはどこかに出かけたいな~、と、飼い主が諦め悪く思っていたところで、
ロビン君と出会い、ロビン君のブログでよく紹介されている、八朔公園と、
玄海田公園に遊びに行ったことがありました。

ロビン君のお母さんはとってもアクティブで、毎日いろんなところへお出かけしている感じで、
それは、ロビン君が車イスになってからも同じ。
(といってもやっぱり範囲は狭まってしまったとは思いますが・・・。)

で、うちとは違いコマメにブログも更新されていて、どこどこの公園は段差があって大変だった、
とか、どこどこは木陰が多くて涼しくお散歩ができるとか、ありがたい情報が満載なのです。

そんなロビン君がよく行く公園なら、もうすでに台車乗りになってしまったノアでも、
苦労なくお散歩に行けるんじゃなかろうか?と思って、数ヶ月ぶりにお初の場所に
出かけてみる気になったのでした。うちからも1時間かからず行ける距離だし。

八朔公園

 

玄海田公園

 
あらためて日付を見てみると、出かけたのはノアが亡くなる2週間前でした。
アップで映っている写真をみると、やっぱりもうかなり辛そうで・・・。
それでも、お出かけは楽しいのかな?
笑顔の写真も何枚かありました。

飼い主が気に入ったのは玄海田公園です。広くてのんびりしていて。
東名を行きかう車をぼ~っと眺めてみたり、サッカーをやっているときには、
それも眺めていられそうだし、お散歩しているワンコも多いから、
他のワンコ大好きな子にもおすすめできそうです。

車椅子や、もうバギーでしかお散歩できないけど、どこかいいところないかな~?
と思っている横浜周辺にお住いの方は、ロビン君のブログが参考になると思いますよ~♪

善屋のホームページとワンコデー

忍者にノアのブログを削除された後、怒りと悲しみにまかせて、
ワードプレスというサービス(?)を使ってこのブログを開設したのですが、
それ以来、ワードプレスにどっぷりはまっています。面白い。

で、2ヶ月ほど前から、こつこつ勉強しつつ、
弟のお店のホームページ作りに取り組んでいました。
それが、ようやくなんとか形ができてきたので、告知させてください♪
↓こちらです。
ZENYA -Slow Food 善屋-

相鉄線さがみ野駅にある居酒屋です。
お近くのかたはぜひ!(笑)
あ、あまり席数がないのでいらっしゃるときには一本お電話を(^_^;A

ここでは、不定期でワンコデーという、飼い犬同伴OKの宴が開かれます。
でも、最後に開かれたのは、もう2年も前のことかな?
その後もう一回あったっけ?

前のブログでは、ワンコデーの様子を記事にしましたが、
その時はもう車イスだったけど、ノアも元気で、しっかりとホスト役をつとめて、
各テーブルに挨拶まわりをしていましたよ♪

うまうまもらえるかな~?

 
決しておこぼれを狙っているわけではありません。
ちゃんと挨拶回りですよ~(笑)

ノアが亡くなったあと、ノア追悼ワンコデーをやろうかなぁ、なんて話が出たけど、
まだ開催はされていません。
でも、うちにはもうワンコがいないから、ワンコデーには参加できないのか?!

いやいや、気持ちはいまでもいつまでもノアと一緒♪


 

求ム!コギとのふれあい場

今日は、後輩犬ぽん太くんのママさんにお誘いいただき、コーギーワークス主催の
2013コーギーカレンダー表紙撮影会の見学に行って来ました。

ここ2ヶ月ほど、コギに会いたいなぁ、と思いながらも、なんとなく公園には行けずにいました。
どうも距離感がつかめないというか。

公園のお散歩友達には、とっても仲の良い子もいれば、顔見知りだけだった子もいて、
タイミングよく仲の良かった子と会えればいいのだけれど、顔見知りだけだった子とだと、
向こうの飼い主さんともなんとなく気まずいというか。

あと、ノアが死んだこと、まだお話しできていないお友達もたくさんいて、
そういう子と会ってお話しするのも、ちょっと気が重いというか。
3月4月は、気を張っていて、積極的に挨拶回りをしていたけれど、
いったん落ち着いてしまうと、もう一度あの挨拶をしようというエネルギーが湧いてこず。

でもコギには会いたい、触れあいたい・・・。

と思っているところでの、ぽん太ママさんからのお誘いで、
本当に本当に嬉しかったです。

あいにくの雨で、参加コギさんたちもなかなか思い通りに過ごせず、
不特定多数のコギとのふれあいは、極少ないものに終わりましたが、
そのかわり、ぽん太くんを、ず~~~~~っとなでなでさせてもらいました♪

ぽふぽふふわふわで、癒されました~。
本当に最後はもう離れがたくって・・・。

そうそう、あと、ぽん太くんが一緒にいてくれたから、他のコギさんとも触れ合いやすくって、
それもとっても助かったというか、ありがたくって。
どうも犬連れじゃないのに、初対面の方の連れてるワンコに触ろうとしたりすると、
なんだか自分がアヤシイ人になったような気分になるので(笑)。

今日は、自分が求めていたものが、具体的にわかった気がしました。
ノアの事情を知ったうえで会ってくれるコギさん(飼い主さん)、
これが、非常にありがたいものなんだな~、と。

いちから説明する気苦労もないし、
犬連れじゃなくても怪しまれないし(笑)。

そんなわけで、
「それならうちの子と会わせてあげてもよろしくてよ」
という優しい飼い主さんがいたら、ぜひ声をかけてください!!

○月○日はどこどこに出没予定、お散歩予定とかお知らせくださったら、
すっとんで参ります!!

求ム!コギとのふれあい場!!

本当に、声をかけてやってもいいよという奇特なコギ飼いさん、
いらっしゃいましたら、ぜひお願いします♪

ちなみに、本日のぽん太くんの撮影風景は、↓こんな感じでした~♪

ゼーーーット!!

 
ママさん手作りの赤いアニキマフラーで、「ゼーーーット!」と決めたいところでしたが、
病院の診察台っぽいシチュエーションと、カメラ嫌いのぽん太くんは、どよよ~~~ん、
でしたね(^_^;A

お疲れ様でした!
 

迎えられなかった14歳の誕生日

今日はノア君のお誕生日です。
めざせ15歳!!をスローガンにしてきたけれど、
結局14歳のお誕生日も迎えられなかったなぁ。

でも、辛い状態でただ長生きするよりも、もう自由で楽しくやっているはずだし。
と、いつも自分をなぐさめ、納得させているカイヌシです(苦笑)。

ここ1ヶ月、ブログをほったらかしにしてしまっていたのは、
自分ではじめた、DM周知キャンペーンの記事を書くのが辛くなってしまったから。
自分で自分の首をしめてしまった(^_^;A

また気楽な記事からぼつぼつ再開しようと思います♪

 

マッサージさいこーっ!!


 

変性性脊髄症と知ったときの恐怖と安堵と後悔

すんげぇ長文です・・・(^_^;A。

 
ノアが足を引きずり始めた初期、二軒目の病院で頸椎ヘルニアの疑いありと診断され、
さて、今後の治療はどうしようということになった。

レントゲンだけでははっきりと診断できず、原因の特定や、手術を受けるためには、
CT検査または、MRI検査などが必要とのこと。
当然それをするには、数回にわたる全身麻酔を受けることになります。

ただし、手術をしなくても、投薬や、マッサージ、幹部を赤外線で温めるなどの
内科療法、理学療法だけでも、回復する可能性もあるという話しでした。

そして、ノアは痛みがなかったため、早急に手術をしなくては、
早く原因を取り除いてあげなくては、といった緊急性というか、
焦りを感じなかったのもあり、リスクを伴う全身麻酔や手術は選択せずに、
内科療法、理学療法をすすめることに。

その際、なるべく歩かせて負荷をかけるようにという指示もあり、
ノア君はめでたくお散歩謹慎期間が解けました。

でも、完全にヘルニアという診断であれば、やっぱり絶対安静や、
ケージレストを言い渡されるはずなので、それをたくさん歩かせた方がいいというのは、
そのときDMだとの診断こそされなかったものの、麻痺の状態をみてだったり、
経験則からの先生の判断だったのかな。

市販のハーネスがあわなかったので、腰紐を手作りして、
それでノアの下半身を吊ってあげつつ、たくさんお散歩をして。
ノアをひっくり返した状態で、後ろ足をイッチニイッチニと動かしたり、
肉球をむにゅむにゅしたり、マッサージしたり。赤外線治療に通ったり。

こうやって刺激することで、後ろ足から脳への信号が通りやすくなり、
麻痺が薄れてくるかも。ときにはキュピーン!と治ってしまうことも。
というお話でした。

でも、結局ノアの後ろ足は麻痺が進む一方だったので、車イスを注文しました。

既に12歳近く。やっぱり手術などに踏み切る決意はできず。
後ろ足は不自由だけど、家の中では前足だけで好きに動いているし。
車イスで元気にお散歩できるし。排泄も問題ないし。
ノアが元気でいてくれるんだから、このままでいいんじゃないかな。
という判断をしたのでした。

この際、先生からは特に上半身まで麻痺が進む可能性といった話もなく。

しかし、車イスに乗り出して4ヶ月ほどした頃、
お散歩で車イスに乗せれば元気に歩くことはできるのだけれど、
家の中では、ほとんど動かなくなってしまった。
前足だけで移動するのがかったるくなっちゃったのかな?と思っていたのだけど、
徐々に麻痺が進んでいたのかもしれない。

家の中ではずっとお布団の上で過ごすようになり、
お水も口元に運んであげなくてはならないようになった。
この頃からときどき、後ろ足の踵部分などに床ずれを作ってしまうようにも。
作ってしまうというか、作らしてしまう飼い主がいけないのですが。

ここから、お布団を工夫したり、ドッグベッドを用意してみたり。
また、数時間おきに足の位置を変えてあげるなど、床ずれ対策も始まりました。

それでも、ノアの麻痺はどんどん進んでいき、車イスで自力で歩くのも難しく、
上半身も少し吊ってあげたりするように。飼い主ムキムキになりそうでした。
これが、もう少しで13歳になるというころでした。

そして、13歳になった頃にはもう、車イス散歩を断念して、台車散歩デビュー。
寝方も、フセの体制が難しくなってきて、横向き寝ばかりに。

このころ、わたしはモーレツな後悔をしていました。

ノアは後ろ足がきかないだけで、車イスにさえ乗れば、
ずっと元気にお散歩ができるものだと思っていたから。

勝手に家の中を動き回って、お布団に入ってきたり、
わたしがお風呂に入っているときには脱衣所で待機してたり、
台所をのぞきにきたり。そんなふうな生活が続くと思っていたから。

なのに、麻痺がすすんでしまって。

あのとき、精密検査や手術をさけ、一番消極的な治療法を選んでしまったから。
こんなことになるのなら、思い切って手術を受ければよかった。
という後悔の念に苛まれていました。

そしてノアがとうとう、ご飯もフセの体制では食べづらくなってきたころ、
ネットで介護方法などを探していて、変性性脊髄症という病気を知りました。
その症状の進み方が、まったくノアと同じだったし、まだまだ未知なる病で、
獣医さんの間でも知られていない可能性も高いということで、
きっと、ノアはヘルニアではなく、変性性脊髄症だったんだなと思いました。

その後、先生に相談したら、その可能性はあるという話しでしたし。

ノアが変性性脊髄症だったんだと知ったとき、実は少しだけ安堵した自分もいました。
ずっと、初期の段階で手術に踏み切らなかったことを後悔していたので、
DMだったのなら、手術は意味がなかったので、結局、手術しなかったのは、
かえってよかったんじゃないかと。
そんな言い訳(後付けだけれど)ができたようで、少しだけほっとしてしまったのです。

でも、それと同時に、発症から3年という、命の期限をつきつけられることにもなり、
今度は、その恐怖と戦うことになりました。

全身動かなくなってしまったけど、それでもまだまだ自己主張のはげしいノアの
面倒を見ながら。寝たきりのくせに、いっつも家族の会話の中心だったノアの、
のんびりとした余生を看ながら、そのうち痴呆とかも出てくるのかな?
で、最期は老衰で静かに逝くのかな、なんていう、最も幸せな最期を思っていたのに、
それが急に、DMはほぼ発症から3年で、呼吸不全によって亡くなるという、
そんな未来をつきつけられて、本当に怖くて、悲しかったです。

そして、発症から数えること、4ヶ月ほど3年の壁を越えてから、
ノアは逝きました。やっぱり最後は呼吸が少し苦しかったです。
でも、わたしも弟家族も一緒に看取ることができました。

 
こんな暗い話の〆は、最高のどアップ笑顔で♪

 
もう少し、変性性脊髄症の話しは続きます。
まずは知ってもらうことが大事だと思っていますので、
ちょっと集中的に書いていこうと思います。