変性性脊髄症(DM)を知っておいてください

消えてしまったノアのブログのアクセス解析ではこれまで、
「コーギー ヘルニア」「コーギー 変性性脊髄症」「コーギー 後ろ足 引きずる」
「犬 車イス」「犬 靴 けが防止」「犬 歩行補助 ハーネス」といったキーワードで、
よく検索されていたことがわかりました。

多分、愛犬に同様の症状があらわれて悩んでいる方、
ヘルニアや、変性性脊髄症と診断され情報を求めている方、
なんとか愛犬やご自身の負担を軽くしようと、介護グッズや介護方法を
探している方々が、藁をもつかむような思いで訪問くださっていたのだと思います。

そこで、経験者としては、少しでも誰かの役にたてればと、
このブログでも、ノアの病気や症状、実際に使った介護グッズなどの紹介を
していこうと思います。


 

変性性脊髄症を知ってください

まずはじめに言いたいこと、それは、コーギーを飼っているのなら、
変性性脊髄症(Degenerative Myelopathy 略して DM)という病気を
ぜひ知っておいてもらいたい!ということです。

実は、前のブログのサブタイトルは「ヘルニア・コーギー・ノアとの生活」でした。
これは、ノアが後ろ足を引きずるようになった2008年に連れて行った病院で、
最初の一軒目では、老化によるものだと診断され、サプリメントをいただいたものの、
どんどん症状が悪化していくので病院を変えたところ、二軒目では、
頸椎ヘルニアの疑いありという診断を受けたためです。

それ以来ずっと、ノアはヘルニアなんだと思っていたのですが、
2011年夏ごろからは前足まで弱ってきてしまい、秋には寝たきりとなって
しまいました。そのときに、ネットで変性性脊髄症のことを知ったのです。

そして、ノアはDMなんじゃないかと獣医さんに相談したところ、
その可能性もあると言われたのです。

この経過についてはまた詳しく書く予定でいますが、
変性性脊髄症は、まだまだ未知の病で、DMだと特定するのも難しいそうです。
そして、現在ではまだ治療法はなく、発症から約3年で死に至る病です。

なので、足を引きずるなどの症状が出たときに、
ヘルニアだと思って対処するのと、DMの可能性もあると思って対処するのでは、
お散歩をさせるさせないであったり、飼い主の心の準備であったりが、
だいぶ違ってきます。


 

こんな違いがあります

ノアは最初、散歩は控えるように言われたので、
お散歩大好きなのに、少ししか歩かせてあげられませんでした。
その後、筋力を養ったり、また回復にもつながる可能性があるので、
散歩はどんどん行ったほうがいい、なるべく歩かせて後ろ足にも刺激を与えた
ほうがいいと言われ、それからまたたくさんお散歩に行くようになりました。

いまでもこの、お散歩を控えてた時期、ノアが可哀そうだったなぁと思います。
最初からいっぱいお散歩をしていれば、DMの進行を遅らせられたかもしれないのに、
というような後悔もあります。

そして、後ろ足だけが麻痺した状態が続くのか、症状がすすんで、
前足まで動かなくなって、最後には寝たきりになってしまうと思って準備をしたり、
接したりするのかという違いもあります。


 

変性性脊髄症について詳しくは

ノアがヘルニアと診断を受けた2008年よりは、ずっと変性性脊髄症の知識や
情報が、獣医さんや一般にも広まってきているとは思いますが、
コーギーが足を引きずったり、腰をふらつかせたりするときに、まず疑われるのは、
やっぱりヘルニアではないかと思います。

獣医さんと相談しつつも、変性性脊髄症の可能性についても、
少しだけ考えてみていただければと思います。

変性性脊髄症について詳しくは、岐阜動物病院のサイトをご覧ください。
 

ペットショップでも里親募集くらいきびしくしたら?

先日、ペットショップの可愛らしい店員さんの陰謀によって、
コーギーを売りつけられそうになった!という記事を書いたが、
今日はジャスコで、ブルドッグとバーニーズが売られていて、これまたビックリ!

ブルドッグ約50万円、バーニーズマウンテンドッグ約20万円なり。
という金額なので、ひょっこり衝動買いというのは稀だとは思うけど、
でも、お金出せばそんな犬種も買えちゃうってどうなのよ。

ブルドッグやバーニーズなんていう犬種は、
ブリーダーさんに連絡とって面接して、自宅の環境とか、
飼い主の人となりなんかも見たうえで、ブリーダーさんが譲るかどうか決める、
そんな犬種のような気がするのだけれども。

コーギーだって、そんな犬種のような気も。
めっちゃ抜け毛がひどいでっせ~!とか、
気が強くてわがままで、個体によってはかなり凶暴になりまっせ~!とか、
そういうことも声を大にしてアナウンスして欲しい(笑)。

本当は、大型犬とか特殊犬種に限らず、どんな子だって、
そうやって飼い主を決めれば、飼育放棄なんていう問題も減ると思うんだけどな。

ノアが亡くなる前から、次に飼うなら絶対に里親募集の子と決めていた。
ノアが亡くなってから、寂しさのあまり、里親募集サイトを見まくっている。
そこでは、どの団体でも里親になる方にかなり厳しい条件を設けている。

一頭でもはやく里親が決まってくれるに越したことはないのだろうけれど、
それでもまた繰り返させてはいけない、再び飼育放棄などで、
ワンコを傷つけてはいけないという配慮からのことでしょう。

その条件は、読んでいると、ノアをきっちり家族で看取ったウチでさえ、
ちょっと自信がなくなってしまうようなもので。

例えば、こんな感じ。

● ご家族全員が犬を迎える事に賛成であること
● 完全室内飼育が可能なペット可の住まいであること
 (集合住宅の場合は、管理規約などで確認させていただきます)
● 長時間のお留守番(フルタイム・共稼ぎ)や単身者および、未婚・同棲中、
  ご高齢の方だけでお住まいの方はお断りします
● 先住犬が未去勢・未避妊場合は必ずトライアルまでに手術を実施すること
  但し、高齢・体質的に手術が無理な場合等は、その限りではない

もちろん、新しい家族を迎えるとなっても、ウチは条件を満たしてはいるのだけれど、
こうやってバーンと提示されると、例えばやむを得ない事情で引っ越しとかあるかも?
離婚だってありえるかも?家計が苦しくなったらわたしもフルタイムで働いて、
お留守番時間が長くなってしまうかも?などなど、色々と考えてしまうわけで。

でも、そのくらい慎重になってもらわないと困るということなのでしょうね。
もう既に人間によって傷つけられてしまった子たちの、将来のことなのだから。

「そんなんじゃ商売がなりたたない」というのを、
まず一番の理由にするのでしょうけれども、
ペットショップでも、里親募集くらいの厳しい条件、
つけるようになってくれたらいいのにな、と思わずにはいられなかった午後でした。

ノアとハスキー

そういえば、ハスキーにも不遇の時代がありましたね。
注 : ノドもとがっつりいかれてますが、じゃれてるだけなのでご安心を(笑)

ペットショップ店員さんの陰謀

車のウォッシャー液が切れてしまったので、島忠に買い物に行った。
いつものことながら、まずはペットコーナーへ♪(笑)

ここではよく、少し大きくなった子たちを、ガラスケースではなく、
店内に設置されたサークルに入れて展示している。
みんな元気だなぁ、とほのぼの眺めていると、ひとりの可愛らしい店員さんがやってきて、
ミニチュア・ダックスをひょいと抱き上げ、わたしに渡してきた。

いやぁぁぁ~~~~~っ!
ワンコの感触、ひさしぶりぃぃぃ~~~っ!
甘噛みされてるぅ~~~♪

と、ますますデレデレしていると、「何か飼っていらっしゃるんですかぁ~?」と。
コーギーを飼っていたが2月に亡くしたと話すと、今度はガラスケースを開けて、
まだ1ヶ月ちょっとのパピコギを抱かせてくれた。いやおうなしに(笑)。

いやぁぁぁ~~~~~っ!
パピコギの感触なんて、13年ぶりぃぃぃ~~~っ!
くんくんくんっ。むふっ♪

やばい、放しがたい。

やばいよ、この可愛らしい店員さん、ニコニコしながらも目はマジだよっ!

まずいってぇぇぇ~~~~っ!!!

と、必死の思いで理性をフル稼働し、コギパピを返して、
目的のウォッシャー液だけ買って帰ってきました。

いや~、やばいねペットショップ。
眺めているだけならまだしも、抱かすのは反則でしょう(^_^;A
 

数少ないノアの子犬時代の写真。
最近、ペットショップで見かける子は、1ヶ月ちょっとでもみんなほとんど耳が立ってますが、
ノアは本当に耳がでかくて、4ヶ月かそのくらいまでずっと耳がたれてました。
まず片耳が立って、1週間くらいは片っぽだけ立って、片方はたれたままという、
レアな状態だったのですが、写真がないなぁ。残念。
実家でフィルムを漁ったら残ってたりするのかな。

ノアが生きている間は、アルバム作ったり写真を整理したりとか、
まったくしていなかったのですが、そろそろ整理、保存に勤しみましょうかね。

タイトルの「解放と喪失の狭間」について

ブログタイトルの「解放と喪失の狭間」は、ノアが亡くなってからの心情そのものです。
解放感と喪失感。いつもそのどちらかに気持ちの針が振れているような。

もちろん、亡くなって間もなくは喪失感がとにかく強かったです。
でも、亡くなったすぐあとでも、例えば地震があったりしたら、
ああ、もうノアのことを心配したり、守らなきゃと思わなくてもいいんだなぁ、
という、解放感を感じたものです。

もう、ノアがどんどん不自由になっていく様を見なくていい、
ノアの不調に振り回されたり、心配で心を痛めることもしなくてよくなった、
そういった解放感。とても気持ちが楽にはなりました。

でも一方で、ノアがいないこと、
わたしの日常の空間からも、時間からも、ノアがいなくなってしまったことは、
悲しくて、ふとした拍子にとてつもない喪失感に襲われます。

ノアが亡くなってから、伊豆の日帰り温泉と、ディズニー・シーに出かけました。

長時間留守にするようなお出かけは、ノアがある程度元気だったときでも、
お出かけ前に、ノアの散歩を済ませて、40分離れた実家に預けに寄ったり、
当然帰りにはまた実家に寄ってノアを引き取ってから帰宅したりと、それなりの負担がありました。

いよいよノアが寝たきりになってからは、実家に預けて出かけるのさえ心配で、
お出かけは、ノアを一緒に連れて行けるようなところにしか出なくなりました。

だから、伊豆の日帰り温泉も、ディズニー・シーも、
朝からなんの気兼ねもなく、家から目的地に出発できることや、
日中もノアの心配をしなくてよくなったんだということに、しみじみ解放感を感じました。

でも、車での移動中や、日中楽しく過ごしているときにも、
なにかが引き金になって、ふっとノアのことを思い出し、
ズキュンと喪失感に胸を撃ち抜かれるような瞬間も、いくつもあります。

表情にも口にも出さずにやり過ごせることもあれば、
ポロリと旦那様に弱音を吐いてしまうこともあります。

それこそ、銃で狙撃されたかのように、ううう、と胸を押さえて、その場にくずおれそうになったり。
周りの人がびっくりしてしまうので、まだ一度もやってませんけど(笑)。

愛犬を亡くして1ヶ月半。いまはそんな心情です。


 

あらためましてはじめまして

ブログ削除をくらう

ノアが亡くなって最初の1ヶ月間は、気持ちが張っていたせいか、
かなり前向きな気分で過ごせていたのだけれども、4月に入ったら、
なんだかどよよんとした気分で過ごすことが多くなってしまった。

なんとなく辛くて、ウォーキングも相模原公園には行かず、
駅前などに買い物を兼ねて出ることが多くなった。
ブログも気が重くて、しばらくほったらかしにしてしまっていた。

で、49日を迎えることだし、と、久々にブログ更新をしようと思ったら、
「アクセスが禁止されています」と。
管理画面を開くことはおろか、ブログを見ることもできなくなってる!!!

メールを見てみると、ノアのブログを開いていた忍者ツールというサービスから、
「この度は、現在ご利用中の下記のブログに関しまして、利用規約へ
違反する行為が見られた為、忍者ブログの凍結処理を行わせていただきました。」
というご案内が一通。ノアの49日の1日前に入っていました。

「なお、凍結の解除は承りかねますので、予めご了承いただきますようお願い致します。」
という一文を添えて。

ちなみに、削除されてしまったブログはこちら。「気の若い老犬ノアの介護日記

忍者ブログ一斉削除の状況

「予めご了承」と書かれている割には、事前に警告とか、通達とかなかったんですけど。
まあ、最初にブログを作るときに、規約に同意したでしょ、そこに書いてあるし、
と言われてしまえばそれまでなんですが。

ノア君のブログが消えてしまって、バックアップもとっていなくて、頭の中は真っ白。
またノアがいなくなってしまった、と、ひとしきりシクシク。

その後少し気持ちは持ち直しましたが、その日は全然眠れなくって、
夜な夜な色々と調べてまわってみました。
そしたら、忍者ブログを利用していて、削除をくらった!という方、けっこういました。

今年の2月くらいから、徐々に削除が進められているようです。
どうやらアフィリエイトをしているブログが、削除対象になっているようです。

ノアのブログでも、楽天のアフィリエイトリンクを貼って商品を紹介していたり、
Googleアドセンスの広告を貼っていたりしたからでしょうか。
そして、削除されたブログは本当に復活はさせてもらえていないようです。

忍者ブログは二度と使わない

今年の1月頃、記事の中にでかでかと広告が入るようになってしまったので、
忍者ブログから、他のブログに引っ越しをしようかな。と思ったことがあった。
でも、データのダウンロードなどが面倒で、ついそのままにしてしまったのだ。
く、悔やまれるわぁ。

まあ、無料で使えるものは、いつでもサービス提供側の意思で、
どうにでもなってしまう。どうなっても文句は言えないというのが、
現在のWEBサービスでは当たり前のこととなっているので仕方ないです。

とは言え、忍者ブログは二度と使おうとは思いませんけれど(怒)。

で、今回、独自ドメインと有料サーバを取得、
WordPressというプログラムを使ってこのブログを開きました。

前から興味はあったのですが、お金もかかるし、色々と難しそうだし、と、
二の足を踏んでいたのですが、ノアブログの削除を受けて、
怒りと悲しみにまかせて、ばばばばばっと1日で開いてしまいました(笑)。

思い出ばかりを綴ること

ただ、亡くなってしまった子のブログを新たに作るというのは、最後まで抵抗がありました。

ブログ削除も、まだノアが元気だったころなら、仕方がないとさっさと諦めて、
また新しく、ノアとの日常を綴ればいいだけですが、すでに亡くなってしまったあとに、
新しくブログを開設するというのはどうなの? 昔の思い出しか書くことはないだろうに。

だからこそ、ノアの思い出が、ノアのそのときの生きた、
リアルな思い出が詰まったブログが削除されてしまったことは、本当に悲しいです。

もしかしたら、ノアが自分のことは早く忘れてと言っているのかな?とか、
ブログのことは、このままそっと忘れてしまったほうがいいのかな?とか。
色々逡巡しましたが、ノアのブログにコメントをくださっていた方々とのつながりが、
ぷっつり切れてしまうことが心残りで、結局新しくブログを開くことにしました。

ノアを知ってくれている方、ノアを好きだと言ってくれた方、
一緒にノアを思い出してくれる方、せめてそういう方々とのつながりだけでも、
なんとか保っていたいなぁ、というのが一番の動機となりました。

みなさま、あたらめまして、よろしくお願いします。