王子降臨

1998年7月。
我が家に王子さまがやってきました。


イギリスはウェールズの緑深い森に住む、妖精たちの王子さま。
四つあしで、鼻がくろく濡れていて、人間たちの言葉でいうところの
『犬』という種族に分類される王子さま。

しかし、そこはさすがに王子さま。
おおよそ、『犬』とはかけはなれた
「からだ」と「こころ」を持っていました。

まずは「からだ」です。
『犬』はしっぽで感情を表現します。
嬉しいときにはしっぽをふり、
悲しいときにはしっぽをおろします。

・・・王子さまにしっぽはありません。
でも、王子さまは、嬉しいときにはおしりをふり、
悲しいときにはそっぽをむいてくれます。

そして「こころ」です。
『犬』は人間のもっとも古い友達です。
人間が愛情をわけあたえてあげれば、
『犬』は全身全霊で家族を愛し、忠誠を誓います。

・・・王子さまにとって家族は、食事係りと、
大好きなお散歩につれてってくれる召し使いです。
家族が一生懸命愛情を注いでも王子さまは、面倒くさいときには、
むこうをむいて「ふー」と大きなため息をつきます。
家族の帰宅も気付かず、くーくー寝てることもよくあります。
そのくせ仕事に出掛ける家族には毎朝、冷たい視線を
びしびし投げつけたりもしています。

そんな王子さまとの生活が1年も続いた1999年7の月。

王子さまは、
大きく垂れさがった耳は邪悪に天をあおいでたちあがり、
短かった鼻はみるみるうちに伸び、口は耳まで裂けて、
短かった足はやっぱり短いままで、

たたみ、たんすのとって、こたつのあし、ふすま、
廊下のかどの壁、じゅうたんのはし、ゲームコントローラー、
羽まくら、コートのそで、スノボのブーツ、ビニールチェアー、
かばんの口、などなど手(口?)当たり次第に破壊しまくる

破壊王

へと成長をとげました。


王子降臨 への5件のコメント

  1. きゃっとにっぷ より:

    おおっ!破壊王ヽ(´▽`)/
    小さいときの写真もっと載せてぇ~^^v

    • みみまる より:

      >きゃっとにっぷ様

      わたしがデジカメデビューしたのは、ノアが8歳くらいのときだったので、
      それ以前の写真って、すぐに公開できる形では少ないんですよね。
      この子犬写真は、昔、実家のスキャナーで読み込んだものだったような。
      フィルムスキャナー、買おうかなぁ。

  2. きゃっとにっぷ より:

    そうかあ~
    フィルムスキャナー1つ有ると便利かも^^
    写真屋さんいくと、フィルムをCDに取り込んでくれるよ♪
    どっちがいいかなー^^

    • みみまる より:

      >きゃっとにっぷ様

      そうそう、写真屋さん最近、ビデオテープをDVDに焼きますよとか、
      デジタルアーカイブ系のサービスをよくやってますよね!
      フィルムの枚数によっては、写真屋さんに頼んじゃったほうが楽かな♪
      でも、フィルムの中身をいちいち見て、とかやるんだったら、
      自宅でフィルムスキャナーにとりあえず片っ端からかけちゃう、
      とかのほうが早いような気も・・・。

      • きゃっとにっぷ より:

        たしかにねー
        確認しながら作業するなら絶対スキャナーほしいよね^^v
        この頃結構小さくなってきてるからね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>