カテゴリー別アーカイブ: みみつぶ

タイトルの「解放と喪失の狭間」について

ブログタイトルの「解放と喪失の狭間」は、ノアが亡くなってからの心情そのものです。 解放感と喪失感。いつもそのどちらかに気持ちの針が振れているような。 もちろん、亡くなって間もなくは喪失感がとにかく強かったです。 でも、亡くなったすぐあとでも、例えば地震があったりしたら、 ああ、もうノアのことを心配したり、守らなきゃと思わなくてもいいんだなぁ、 という、解放感を感じたものです。 もう、ノアがどんどん不自由になっていく様を見なくていい、 ノアの不調に振り回されたり、心配で心を痛めることもしなくてよくなった、 そういった解放感。とても気持ちが楽にはなりました。 でも一方で、ノアがいないこと、 わたしの日常の空間からも、時間からも、ノアがいなくなってしまったことは、 悲しくて、ふとした拍子にとてつもない喪失感に襲われます。 ノアが亡くなってから、伊豆の日帰り温泉と、ディズニー・シーに出かけました。 長時間留守にするようなお出かけは、ノアがある程度元気だったときでも、 お出かけ前に、ノアの散歩を済ませて、40分離れた実家に預けに寄ったり、 当然帰りにはまた実家に寄ってノアを引き取ってから帰宅したりと、それなりの負担がありました。 いよいよノアが寝たきりになってからは、実家に預けて出かけるのさえ心配で、 お出かけは、ノアを一緒に連れて行けるようなところにしか出なくなりました。 だから、伊豆の日帰り温泉も、ディズニー・シーも、 朝からなんの気兼ねもなく、家から目的地に出発できることや、 日中もノアの心配をしなくてよくなったんだということに、しみじみ解放感を感じました。 でも、車での移動中や、日中楽しく過ごしているときにも、 なにかが引き金になって、ふっとノアのことを思い出し、 ズキュンと喪失感に胸を撃ち抜かれるような瞬間も、いくつもあります。 表情にも口にも出さずにやり過ごせることもあれば、 ポロリと旦那様に弱音を吐いてしまうこともあります。 それこそ、銃で狙撃されたかのように、ううう、と胸を押さえて、その場にくずおれそうになったり。 周りの人がびっくりしてしまうので、まだ一度もやってませんけど(笑)。 愛犬を亡くして1ヶ月半。いまはそんな心情です。  

あらためましてはじめまして

ブログ削除をくらう ノアが亡くなって最初の1ヶ月間は、気持ちが張っていたせいか、 かなり前向きな気分で過ごせていたのだけれども、4月に入ったら、 なんだかどよよんとした気分で過ごすことが多くなってしまった。 なんとなく辛くて、ウォーキングも相模原公園には行かず、 駅前などに買い物を兼ねて出ることが多くなった。 ブログも気が重くて、しばらくほったらかしにしてしまっていた。 で、49日を迎えることだし、と、久々にブログ更新をしようと思ったら、 「アクセスが禁止されています」と。 管理画面を開くことはおろか、ブログを見ることもできなくなってる!!! メールを見てみると、ノアのブログを開いていた忍者ツールというサービスから、 「この度は、現在ご利用中の下記のブログに関しまして、利用規約へ 違反する行為が見られた為、忍者ブログの凍結処理を行わせていただきました。」 というご案内が一通。ノアの49日の1日前に入っていました。 「なお、凍結の解除は承りかねますので、予めご了承いただきますようお願い致します。」 という一文を添えて。 ちなみに、削除されてしまったブログはこちら。「気の若い老犬ノアの介護日記」 忍者ブログ一斉削除の状況 「予めご了承」と書かれている割には、事前に警告とか、通達とかなかったんですけど。 まあ、最初にブログを作るときに、規約に同意したでしょ、そこに書いてあるし、 と言われてしまえばそれまでなんですが。 ノア君のブログが消えてしまって、バックアップもとっていなくて、頭の中は真っ白。 またノアがいなくなってしまった、と、ひとしきりシクシク。 その後少し気持ちは持ち直しましたが、その日は全然眠れなくって、 夜な夜な色々と調べてまわってみました。 そしたら、忍者ブログを利用していて、削除をくらった!という方、けっこういました。 今年の2月くらいから、徐々に削除が進められているようです。 どうやらアフィリエイトをしているブログが、削除対象になっているようです。 ノアのブログでも、楽天のアフィリエイトリンクを貼って商品を紹介していたり、 Googleアドセンスの広告を貼っていたりしたからでしょうか。 そして、削除されたブログは本当に復活はさせてもらえていないようです。 忍者ブログは二度と使わない 今年の1月頃、記事の中にでかでかと広告が入るようになってしまったので、 忍者ブログから、他のブログに引っ越しをしようかな。と思ったことがあった。 でも、データのダウンロードなどが面倒で、ついそのままにしてしまったのだ。 く、悔やまれるわぁ。 まあ、無料で使えるものは、いつでもサービス提供側の意思で、 どうにでもなってしまう。どうなっても文句は言えないというのが、 現在のWEBサービスでは当たり前のこととなっているので仕方ないです。 とは言え、忍者ブログは二度と使おうとは思いませんけれど(怒)。 … 続きを読む